坊主先生のお笑い珍道中

子どもと笑顔で過ごしたい。そのための工夫とエピソード。質問などがあれば、bozusensei☆gmail.comまで。 ☆を@に変えてください

おとなの背中

昔は分からなかったこと。今は身にしみて分かること。

 

そんなことがあります。

 

僕らは生まれてからずっと誰かとのかかわりの中で生きていて、時にはそれが鬱陶しくなったり、時には激しくそれをもとめたり、平穏に過ごしたり、、

 

何かを学ぼうと思って学ぶこともあります。学ぼうって思っていなくても、心が惹かれていくこともあります。その時はこのやろーって思っても、後で納得できることもあります。

 

誰かの背中。

 

いつの間にか、僕らの中にどんどん溜まっています。

 

 

おとなの背中 (単行本)

おとなの背中 (単行本)

 

 大好きなエッセイ集です。

 

僕は、ちょっとした時に何度も手に取ります。

 

  子どもたちの毎日も、苦しいこともあれば楽しいこともある。その全体を「崩壊」「危機」といったおどろおどろしい言葉で包み込んでしまうこと、そういう声にみながいっしょに乗ることに、わたしには少なからぬ抵抗がある。

  が、他方で、教育についての議論は、話が軽すぎる。「生きる力」とか「体験学習」だとか「食育」だとか、かんたんに言いすぎる。「環境にやさしく」「地球にやさしく」「共感と共生」「ちょボラ」などという、子どもだってすぐにその「偽善」を見抜くような軽いキャッチコピーが、教育の現場に持ち込まれすぎる。

 

今回はここを何度も読み返しました。問われているのは大人の誠実な姿。

生きることは、ずるいことも、さぼることも、がんばることも、逃げることも、助け合うことも、いろんなものを包含している。正しいことばかりを綺麗に言葉で伝えるのではなく、生き様を語り、見せ、一緒の時間を過ごすという誠実な姿が大事なんじゃないかと思う。

 

それは、互いの信頼やつながりを生む。

 

人間関係は技術じゃないということを忘れずに。それを分かった上での技術なんだと思った。

 

もっと自分の生活のこと、最近読んだ本のこと、友達のこと、いろんな話を教室でしていいんだと思う。

子どもは分からない、でも分かろうとする

子どものことが分かりたいって思います。自分も子どもだったようにまた一緒にあーだこーだ言いながら生活できたらって思います。

 

でも、悲しいことに僕は歳も取り、中年真っ最中なわけです。

だから、一緒のようには過ごせない。

 

それだから、子どもの言葉や表情や行動でなんとかその子のことを捉えようとする。

あの子は、こんな気持ちかなとか、いろいろ考える。

 

でも、その子の心の動きはやっぱり分からない。分からない前提にたって、理解しようとしている。

 

だから、悩むし、答えはないし、葛藤します。ただ、おかげで決めつけないようになりました。

 

僕の目には今、こう映っただけで、その子の全てが分かるわけがない。映った情報をたよりに、こうしよう、ああしようって即興的に考えていくのが僕らの仕事だ。

 

うまくいかないことだっていっぱいある。

 

 

 

クラス会議のきっかけ

クラス会議をするきっかけは仲間と読んだこの二つの本でした。

クラス会議で学級は変わる!

クラス会議で学級は変わる!

 

 

クラス会議で子どもが変わる―アドラー心理学でポジティブ学級づくり

クラス会議で子どもが変わる―アドラー心理学でポジティブ学級づくり

  • 作者: ジェーンネルセン,H.ステファングレン,リンロット,諸富祥彦,Jane Nelsen,H.Stephen Glenn,Lynn Lott,会沢信彦
  • 出版社/メーカー: コスモスライブラリー
  • 発売日: 2000/10/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 8人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る
 

見よう見まねでクラス会議を続けてきて、自分も学んだことがあります。

 

まず、子どもがこの時間を大切に、そしてたのしみになってくれているなぁって思います。

 

フランクなリラックスできる場をつくるためには、教師の笑顔や、振る舞いということも大事です。そして、なぜクラス会議をするのかを、語ることです。思いを共有するって大事です。

 

仲良くなりたい。

支えあっていこう。

安心して自分の話ができるクラスにしよう。

 

そんなことを折に触れて話しています。絵本を使うのもいいです。

 

あとは、毎日毎日、やることがコツです。毎日やるから慣れてきます。

 

 

クラス会議を授業に

友達の話に耳を傾け、自分ができる方法で友達に貢献できるようなクラスになればいいなって思います。僕もクラスの一員だから、一緒にこういう心や態度を育みたいって思います。

 

クラス会議を毎朝して、体験しながら学ぶことっていいです。

bozusen.hatenadiary.jp

  

クラス会議では、友達の相談をみんなで考えているんですが、そんなことを授業にも生かしたいですね。

 

例えば、算数の分数の割り算がうまくできないんだけどっていう悩み事をみんなで解決していきます。すると、いつのまにか算数の学び合いが始まります。

 

授業の内容でも、学び方の悩みでもみんなで解決できると思います。

 

深い学びを促進する ファシリテーションを学校に!

深い学びを促進する ファシリテーションを学校に!

 

 この本の中でも青木さんが、算数の勉強で困っていることはない?っていうことを話し合う授業が紹介されています。

 

子ども達は自分たちの学習でのつまずきなども、乗り越えていくことができると僕は経験的に感じています。

 

これは、受容と貢献っていうクラス会議の本質そのものです。

 

じゃあその時の教師の役割ってなんでしょうか?

 

まず、そのような悩み事を相談できる場をつくることが大事です。対話する時間をつくるから関係性がよくなります。

 

次に、みんなで友達の相談を受け止める良さをクラス会議などを通して、伝えていくことも必要だと思います。

 

このようなことを繰り返していくと、子ども同士の関係性はつながり始めますね。

 

その関係性を生かして、少し難易度の高い課題をみんなで解決していくような学習もあるといいなって思います。

 

夏休み明け、同号的な学習の時間の充実やディベートの授業にもチャレンジしたいなと思います。

 

夏休み明け初日

夏休み明け初日

 

どんな気持ちで来るんでしょう?久しぶりに会う友達やクラスメイトとのんびり過ごしたいなって思います。

 

少しずつ学校タイムに慣れていく感じです。

 

夏休み中のおしゃべりをしたり、いつものようにクラス会議をしたりする予定です。

 

それに加えて、取り組みたいのが教室レイアウトを変えることです。

クラスがワクワク楽しくなる! 子どもとつくる教室リフォーム

クラスがワクワク楽しくなる! 子どもとつくる教室リフォーム

 

仲間の先生が実践をまとめています。

 

夏前もいろいろみんなでレイアウトを考えましたが、夏明けはさらに使いやすくするために、ロッカーの場所や、靴箱の場所なども一緒に決めたい。

 

こんな感じでやっています。

 

いくつか今までの教室の写真とかを見せながら、みんなが使いやすい学びやすい教室をつくろうねと目標を伝えます。

 

どんな空間があればいいかペアで話した後、出し合います。その中で、無理そうなものは最初に伝えます。子どもは、後からダメって言われたら嫌だからです。

 

本コーナー

掲示コーナー

生き物コーナー

リラックスコーナー   などなどいろいろクラスに合わせて出てきます。

 

グループ分けをして、2時間ぐらいで一気にやります。僕はあまり時間をかけません。続きは自然と隙間時間でやっています。

 

オススメは飾りを担当するグループをつくると一気に教室が温かい雰囲気になります。

 

座席の形は僕が決めています。座席の形は意図があるからです。夏明けは、コの字型でスタートする予定です。

 

 

 

 

綴り方振り返り

よく自分のことを振り返りなさい

 

よく言われたことです。なかなか自分を振り返ることの意味が分からなかったけど、少しずつ分かってきました。

 

振り返りには次の3つの良さがありそうです。

 

① 自分の信念が分かってくる

② 子どものことが好きになる

イノベーションがたまに起きる

 

いらんな振り返り方法を試してきました。

 

最初に取り組んだのが、誰かと振り返りを読み合う方法です。

みんなのきょうしつ

みんなのきょうしつ

 

岩瀬さんや中川さんのやりとりをモデルに、職場の先生、学習サークルの仲間とやりとりをするも頓挫してしまい、末期には妻とするという、、、

 

これ自分よがりに振り返りがならないので、いいです。1人でしていると、ついつい自分のクラス素晴らしい、実践いけてるでしょ?みたいになりがちです。

 

この本も大好きです。絵も。

 

次に始めたのが、協働的リフレクションというものです。

理想の授業づくり

理想の授業づくり

 

学習サークルで上條晴夫さんをお呼びしたのが取り組むきっかけになりました。

 

学校の中で起きた、ビビッとエピソードを1つ選び、その背景をとらえ、分析をかけるというものです。

 

事実と感情を分けて考えるので、何が起きているのかが見えやすくなります。これは仲間のひわちゃんが素晴らしいです。リフレクションをリフレクションする! - ママ先生の「学びづくり」と「子育て」奮闘中 blog

 

よかったのはなぜかを分析するので、再現できる可能性も広がります。

 

そして、今は  生活綴方教育を自分にも応用しています。

この生活綴方教育は、大正自由教育の代名詞です。大好きです。

 

まず、1日の何を綴るのかを考えます。時間の場合もあれば、出来事の場合もあります。それに題名をつけます。

例えば、今日の揚げパン   みたいな題名です。

 

そして思い起こしながら、日記のように書きなぐります。そして、それをクラスの子どもとも共有します。

 

日々を綴るということです。事実も感情もごちゃ混ぜです。即興的でもあります。

 

まだ始めて間もないので、どんなことが自分の中に起きるか分かりませんが、書いていてほっとします。

 

リフレクションを自分の成長や新しいものを生み出すために使うのも、いいと思います。

 

僕にとっては、綴方振り返りをすることで、人生をほっこりしてくれます。

 

自分に合った振り返り方法を見つけるにしてもやってみないと分からないです。

 

僕の綴方振り返りも、そうやって生まれました。

 

時と場に合わせて振り返り方法を自分で選べるようになりたいなって思います。どれもおススメです。

 

どの振り返り方法も、僕にとっては大切です。

子どもたちにライジャケを

夏だ、海だ〜♪

 

そんな歌声が聞こえてきてうかれています。サザンでも聴きながら海に行きターーイ、なんて思ったことはありません。時代はさぶちゃんだと思います。

 

さてはて、学校で着衣水泳たるものがあります。服を着たまま水に入り、重さを感じたり、万が一溺れてしまった時に、どうやって浮くかを考えたりします。

 

こういう体験って大事です。

 

もっと大事なのは、未然に防止することでしょう。

 

香川県の学校の先生、森重裕二さんが「子ども達にライジャケを」という活動をされています。

子どもたちにライジャケを!

 

思いはただ一つ、子どもの命を守るためを根っこに啓蒙活動をされています。今年はこんな可愛いTシャツがmonbelからも発売されています。うちも家族できています。

 

webshop.montbell.jp

 

昨日は、これを着て学校に行きました。来週、カヌー教室があるのでちょうどライフジャケットはタイムリーでした。

 

僕は森重さんとお会いしたことはありません。

 

森重さんのクラス会議の本があまりに素敵で、それから少し連絡させていただきました。

 

こうやって教師以外のライフワークをもって楽しみながらいきている姿が素晴らしいです。

 

僕の友人が教師をしながら社団法人を立ち上げたり→

マナティー研究所

 

教師という経験を生かして、新しいステージに進もうとする友人がいたり、なんか教師という自分だけでなく、広がっていく自分というものがいいなぁと思います。

 

教師だけど、教育にだけ身を置くのではなくて、いろんなことに興味をもって、一人の人間としてワクワクする生きかたをしていきたいです。

 

そんな私は、大学の時代に出会ったこの本

 

スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 (平凡社ライブラリー)

スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 (平凡社ライブラリー)

 

 辻信一さんたちが立ち上げた、ナマケモノ倶楽部の活動に積極的に参加していこうと思っています。

www.sloth.gr.jp

以前に参加したのはもう10年以上も前です。

 

人と人とがつながっていくコミュニティ作りにとても興味があります。相手の人生に関わっていくようなそんな生き方がしたいなって思います。