坊主先生のお笑い珍道中

子どもと笑顔で過ごしたい。そのための工夫とエピソード。質問などがあれば、bozusensei☆gmail.comまで。 ☆を@に変えてください

プロジェクトアドベンチャー②

藤樫亮二さんとのプロジェクトアドベンチャー後編

 

子どもの振り返りをゆっくり読みました。

 

一番たくさんあった言葉は協力でした。フラフープくぐりでの試行錯誤が心に残ったみたいです。

 

イライラしたり、もやもやしたりしたけど、それも大事だと感じたっていう感想もありました。

 

一つ一つ、自分の感情と向き合ってほしい。それが振り返りだと思います。

 

だからって全てがうまく回るはずもなく、泣いたり笑ったりの毎日です。そんな日々の先にきっと成長があるなって思います。

 

チームビルディングにタックマンモデルというモデルがあります。

 

チームは形成期→混乱期→統一期→機能期っていう風に成長していくって考え方です。

 

ほとんどのチームが形成期で終わるとも言われています。

 

うちは、今、一人一人の価値観がぶつかる混乱期に入ってきたなって思います。

 

ドキドキ自分だってします。でも、そこを乗り越えていこうって思うし、乗り越えられるって思います。

 

小さな成功体験を積んで来ました。いよいよ次のステージかな。

 

そんなことを考えられたのも、りょうちゃんのワークをしている子どもたちを観察できたからです。