坊主先生のお笑い珍道中

子どもと笑顔で過ごしたい。そのための工夫とエピソード。質問などがあれば、bozusensei☆gmail.comまで。 ☆を@に変えてください

学年100人で振り返りアクティビティ

行ってきました。宿泊体験学習2泊3日

 

くたくたです。何よりベルギー戦を見れなかったのは悔しい。テキスト速報にして寝ましたが、一分ごとにスローインとか、大きく蹴り出したとかの情報がめんどくさくなり、ふて寝したら寝坊しました。

 

でも、ベルギー戦に勝る喜びもありました。男子と恋バナもできたし、子どもの素敵な姿がたくさんみれてよかったなぁ。

 

キャンプファイヤーで仮装して出たんだけど、やりすぎて子どもにドン引きされるという・・・いいんだ、それで。それで、いいんだ。すべりなれているんだから・・・

 

俺は70度の斜面を滑れると豪語していた小学校の同級生は元気だろうか・・・そんなあほな。

 

くたくたになりながら、金曜日に学年3クラスで体育館で振り返りをしました。その前にクラスでの振り返りはこんな感じにしました。

 

ひたすら輪になっておしゃべり・・・それだけ

 

当初はワールドカフェをしようと思ってたけど、朝の会の延長で喋ろうと思ってそうしました。すごい良かった。くだらないエピソードも満載で大笑いしました。

 

宿泊学習は、「楽しむ」ことだけで十分だなぁ。

 

はい、学年での振り返りは、すこし色んな子ども同士が関われるようにしたいなと思ってこんな感じにしました。

 

サークルアップ

キャッチ

せーの 

 

「みんながさ、協力できたーって言ってたのすごい嬉しかったなぁ。綺麗な輪を作ってみて。」

 

うまくできない

 

「いきなりだったから難しいよね。みんなならできるできる。どうしたらいい?」

 

意見を出し合って再度。うまくできる。

 

キャッチで遊んで、宿泊に来れなかった子も参加できるようにしてみました。

 

せーのっていう拍手の数で集まるアクティビティをして、集まったメンバーで思い出を一つずつ話しました。何度か繰り返して、みんなを集めてガンダム先生(同僚)に最後を丸投げして終了。

 

みんなで協力して過ごした3日間の感じを忘れたくないから、アクティビティで繋がりながらのあっさりした振り返りにしました。これなら参加しやすくなります。

 

ついつい振り返りって大人がこういうことを言って欲しいって期待しちゃうけど、子どもを笑顔にするような振り返りもあってもいいなぁって思いました。