坊主先生のお笑い珍道中

子どもと笑顔で過ごしたい。そのための工夫とエピソード。質問などがあれば、bozusensei☆gmail.comまで。 ☆を@に変えてください

子どもは分からない、でも分かろうとする

子どものことが分かりたいって思います。自分も子どもだったようにまた一緒にあーだこーだ言いながら生活できたらって思います。

 

でも、悲しいことに僕は歳も取り、中年真っ最中なわけです。

だから、一緒のようには過ごせない。

 

それだから、子どもの言葉や表情や行動でなんとかその子のことを捉えようとする。

あの子は、こんな気持ちかなとか、いろいろ考える。

 

でも、その子の心の動きはやっぱり分からない。分からない前提にたって、理解しようとしている。

 

だから、悩むし、答えはないし、葛藤します。ただ、おかげで決めつけないようになりました。

 

僕の目には今、こう映っただけで、その子の全てが分かるわけがない。映った情報をたよりに、こうしよう、ああしようって即興的に考えていくのが僕らの仕事だ。

 

うまくいかないことだっていっぱいある。